お問い合わせを多数いただいておりました
シュルプリーズが本日より販売開始です!

シュルプリーズ(surprise)はフランス語で「驚き」という意味で
シュー生地をパイ生地で包んだこちらは和訳すると「びっくりシュー」です。

IMG_2702 - コピー←包んでおります。
DSC_0029.jpg

N.W
2017.11.14 / Top↑
11月21日(火)より、京橋「アートスペース キムラASK?」にて能島邦芳展が開かれます。

~15世紀フランドル絵画からの展開~
<輝ける闇の世界>
闇の中に光り輝く三枚の絵画は、スライドでも、まして蛍光塗料を使っているわけでもなく、純然たる油彩画なのです。そして、その画面は、油彩画史上最も古い15世紀フランドル画法で描かれています。その技法による絵画が、抜群の輝度と透明性を発揮して闇の中でも光り輝いて見えるのです。
この度、「アートスペース キムラASK?」の壁を黒い布で覆い尽くして、暗い闇の空間を作りあげ、スポットライトのみの照明で作品が光り輝き、画面の中に吸い込まれるかのような不思議な会場を現出いたします。どうか、輝ける闇の世界を体感して頂ければ幸いです。(ご案内状より)

能島芳史さんプロフィール
1948年 富山市生まれ
1971年 金沢美術工芸大学卒業
1977~1980年 ベルギー王立ゲント美術大学修復科にてフランドル技法を学ぶ
1993年 「アートは楽しい 夢と空想の風景展」(ハラミュージアムアーク/群馬)
2004年 企画展「ボッシュからの展開・能島芳史油彩画展」(中ノ沢美術館/群馬)
2009年 「第19回富嶽ビエンナーレ展」大賞受賞(静岡県立美術館/静岡)
2012年 「能島芳史・風蝕展」(樂水亭美術館展示室 蔵/富山)
2016年 シリーズ・ふるさとの群星「能島芳史展」(太閤山ランドふるさとギャラリー/富山)

会期
2017年11月21日(火)~12月2日(土)
※Open11:30~19:00 ※最終日16:00まで
11月23日(祝・木)開廊  11月26日(日)休廊

会場
アートスペース キムラ ASK?

IMG_20171105_0006-2.jpg
アートスペース キムラ ASK?地図

Y.M
2017.11.05 / Top↑
不意に暖かい日もありますが、朝晩は随分と冷え込むようになり秋の深まりを感じます。
木々の色付きはこれからのようですが、リンゴは益々赤く
本日よりドイツ風リンゴのタルトの販売が始まりました。

ドイツ風リンゴのタルトは少し温めてお召し上がりいただくケーキです。
お店ではホイップクリームを添えてお出ししております。
お持ち帰りいただくときは、おいしい食べ方のしおりをお付けしております。
N.W

DSC_0021 (800x646)




2017.11.05 / Top↑
IMG_20171102_0001.jpg IMG_20171102_0002.jpg

カフェ・バッハの店内は、上野遒先生のギャラリーになっていることは
みなさんご存知だと思います。
かわいらしい猫や小鳥から魅惑的な女性まで、幅広いモチーフがお客様の
視線を集めています。

皆様お待ちかねの「上野遒展」のご案内です。
2017年11月6日(月)~11月18日(土)
東京都中央区銀座2-11-4 富善ビル1F
ギャルリーヴィヴァンです。
ぜひ、皆様足をお運びくださいませ
2017.11.02 / Top↑
毎年お世話になっております富永農園(長野県)より、今年も立派な紅玉が届きました。
甘酢ぱっさのメリハリがはっきりしている今は「昔風リンゴのケーキ」「アップルパイ」を
ご用意しております。
PA080013-1.jpg !cid_668787C0-782E-4591-9D4D-C36EBFABC6A9.jpg
昔風リンゴのケーキの「パウンド」は、最近とても予約が増えほぼ受注生産となってしまい
店頭に並ぶことが少なく申し訳ございません。
日持ちがしないデリケートなケーキですので、ぜひご予約をお待ちしております。

「昔風リンゴのケーキ」はカット販売もしておりますが、間もなくパウンドケーキのみの
販売に切り替わります。
追って「ドイツ風リンゴのタルト」などなど続いていく予定です。

富永農園
2017.11.02 / Top↑