大切なお客様方から贈り物頂戴しました。
感謝いたします。
ハッとさせられた贈り物をふたつご紹介します。

「心ばかり」いつもありがとうございます。当方は「心を尽くして」コーヒーやお菓子を作ります。
FullSizeRender.jpg
飛び出すクリスマスツリー。目立つのに邪魔にならず、今の季節の大切さを思い出します。季節の大切さを忘れずコーヒーやお菓子を作ります。
FullSizeRender (2)
「夏は涼しく冬は暖かく」当たり前なのに難しいこと。お客様の贈り物で実感しました。
こうした応援で、心豊かになりました。
さあがんばるゾ!!
スタッフ一同
2015.12.21 / Top↑
ご恵贈いただきました。
たくさんの人に読んでほしいと思います。
現在の中国で生まれ、ソウルで育ち今も生活し、コンラッドの研究者である羅先生はとてもチャーミングな方です。
進んで他者を理解しようと努める姿勢に共感します。
読み進めると、時代と地域が違うもう一人の別なダロウェイ夫人かも、と。

問い合わせは言叢社まで。
当店同様、地域に根差したチャーミングな本屋さんです。

言叢社 げんそうしゃ
〒101‐0065 東京都千代田区西神田2‐4‐1 東方学会本館
Tel.03‐3262‐4827 Fax.03‐3288‐3640

yononaka.jpg
... 続きを読む
2015.11.11 / Top↑
連日、沢山のお客様にご来店いただきありがとうございます。
特に、昨日、本日は雨で足元が悪いにも関わらずご来店いただきまして
ありがとうございました。

開店と同時に満席になり、閉店までずっと満席が続きました。
お店の外に一列にきれいな行列が出来ていたことに感動しました。
一杯のコーヒーを飲むために足を運んでくださり、長い間お待ちいただき
ありがとうございました。
待ち時間にお客様同士でコミニュケーションとられている光景も
あたたかい気持ちになりました。

お待たせしているにも関わらず、「まだ?」とか「遅い」などのお声を聞くことはなく
それどころか、「次は3名なんでしょ?私たちがそちらに移るからここにどうぞ」、
「相席いいですよ」というお心遣いに涙がでる思いでした。

正直、こんなにも沢山のお客様にお越しいただけるとは思いませんでした。
でも、ここ数日間は特に、お客様の協力を得て、お客様とスタッフとが一体となることができ
営業ができたのだと思います。
本当に、ありがとうございました。

マスター、ママさんが築き上げた「cafe Bach」
お客様の期待にお応えできるように、我々スタッフもしっかり頑張りたいと思います。

明日、8月31日~9月4日まで夏季休業を頂きます。
9月5日から通常営業です。
しっかり体制を整えて、休み明けまたみなさんを笑顔でお迎えできるように
頑張りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

スタッフ一同より
2015.08.30 / Top↑
昨日は、多くの皆様に「プロフェッショナル」を見ていただいたことに
感謝申し上げます。
今日は朝から沢山のお問い合わせをいただき、そしてご来店いただきました。
ありがとうございました。
「番組を見てコーヒーを飲んでみたくなった」というお声が
今まで以上に嬉しく感じました。

そして、いつも美味しくいただいていた「ハウスメッツガー・ハタ」さんの
現場仕事や、『最上”を突き詰める真剣さと、その品々に心をのせて届けるという信念。』
というお言葉にとても刺激を受けました。
素晴らしい番組だったなぁと思います。

cafe Bachも沢山のお客様に支えられて大事にされています。
田口マスターの「物事に対して誠実である、真摯である」という信念を我々スタッフも
しっかり持ち、1日1日慢心することなく、よりお客様に喜んでいただけるように努めていきたいと思います。
沢山のあたたかいお言葉、メッセージをありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
cafe Bachスタッフ一同
DSC_0230-1.jpg
2015.08.25 / Top↑
WIN_20150701_180933 (2)
30年来の友人が第14回「佐治敬三賞」を受賞しました。
サントリーの山田健さんの書かれた「今日からちょっとワイン通」の中に、サントリー創業者鳥井信治郎のおもろいエピソードがあります。----ある日「ヨーカンどんぶり」を食べているところを番頭はんに目撃された鳥井氏。「大将そんなもん、うもう、おまんのか?!」の問いに平然と「やってみなはれ」と答えたとか。
それを思い出して、われらが鈴木俊哉さんが受賞するのは当然のことだと、思いました。

当日は、受賞対象の「鈴木俊哉 リコーダー リサイタル《細川俊夫ポートレイト》」から、 細川俊夫作曲「鳥たちへの断章IIIb(1990/97)笙&リコーダー」が演奏されました。「音楽を聴く」というより「竹林で耳を澄ます」という域の作品でした。リコーダーの海童道祖みたいでした。
とはいえ、大変な努力家の俊哉さんが、いつも最善を尽くし、自分にしかできないことを追求してきたことはよおく知っています。本当にヨカッタ、おめでとうございます。(店主)

サントリー音楽賞、佐治敬三賞については
2015.07.07 / Top↑