シャープでクールなマシンらしい色と評判の青いマイスター。やはり輪郭がはっきりして迫力があります。
ちなみに緑色は、調和やバランスのよさが感じられます。茶色のコーヒーに対してナチュラルな雰囲気を醸します。
赤色は、ホットなパッションの色、焙煎士の熱い心を届けます。(BKTc-N)

焙煎機の納品は、おおよそ半日かかります。
一例をあげます。

午前中の2時間程度で「搬入」「据付」「配管」工事が完了します。

その後、午後は写真のように、「メンテナンス講習」「操作法講習」「設置データ測定」「試運転」を2時間ほどで行います。

nagano02-05.jpg nagano06-09.jpg
nagano10-13.jpg nagano14-17.jpg
nagano18-21.jpg
2014.05.05 / Top↑
仲間のお店の冬季限定スペシャルメニューです。
写真を撮っていると「みなさん撮られますねえ」と。

2014021414090000.jpg

2014021414090001.jpg

「----冬寒くなる土地柄ゆえ、暖をとる方法として試行錯誤しました。結果としてレシピはタンザニアの中深煎りを使い、抽出したコーヒーに乾燥した唐辛子を1本加えて弱火で温めます。煮立たせないように注意して唐辛子が柔らかくなったら完成です。地元の自然な唐辛子は、辛みに個体差があるので、味を見てお出しします。口に含むと微炭酸のようなピリピリ感が広がります。いろいろと試した末、タンザニアのさわやかな酸味と中深煎りの苦味が、最もバランスよいと思いました。飲み終わる頃には体の芯からポカポカしてきます。地元福井の唐辛子があと2、3本なのでそれが終わったら終了する予定です。この辺りは辛み大根を使った冷たいおろしそばを食べる習慣があります。最近ではチョコレートの味付けにも使われるので、程よくバランスがとれれば美味しいバリエーションコーヒーができるのではと思いました。意外にも女性に人気のメニューになりました----」

R0022752.jpg

雪の降る中、お店を訪ねると、まずはグラスに白湯をだしてくださいました。持っているだけで手が温かくなりました。コーヒーを飲むと口の中が刺激で味覚が戻ってくる感じがしました。おかわりのバレンタイン限定ブレンドがチョコレートを食べているかのようでした。----冬はいかにもあたたかなように、炭は湯のわくように、茶は飲み加減のよいように----教えられました。感謝。(BKTc-N)
2014.02.15 / Top↑
agri2014-02-14.jpg

仲間の消息が当地の新聞に掲載されました。

間もなく3年を迎えます。(BKTc-N)
2014.02.15 / Top↑
田口の著書は台湾では人気が高く早い時期から翻訳が進み、店を訪問されるファンもたくさんいらっしゃいます。
今回台北で開催されたコーヒーエキスポに合わせて、TISCA(台湾国際スペシャルティコーヒー交流会)のお招きで、講演会が実現しました。
台中の欧舎珈琲の許(ジョー)さんには、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
2013tp001.jpg 台北の「101」ビルの真下に国際展示場があります。
2013tp002.jpg 2013tp003.jpg 2013tp004.jpg 熱心な参加者が50名集まりました。テイスティング用のコーヒーをドリップしてくれた張さん、小柄なのにパワフルで、とてもおいしくコーヒーをたててくれました。
2013tp005.jpg 2013tp006.jpg 2013tp007.jpg 通訳をかってくれた謝さんに感謝。本当にボランティア精神にあふれた方に恵まれました。
2013tp008.jpg 2013tp009.jpg 2013tp010.jpg 以前セミナーやSCAJ展示会でお会いした方と懐かしい再会もありました。
tisca-news1.jpg 11月22日の講演会は、午前の部はパナマ・ドンパチ農園のセラシン氏が行いました。午後は田口が担当。生産者と消費国の販売者が交流し協力し合う実例を、テイスティングも交えて紹介しました。わざわざパナマからこのためだけに飛んできてくれたセラシンさんには感謝、お疲れ様でした。(11月19日パナマのダビ→パナマシティ→ロサンジェルス→東京→台北11月21日着)
TISCAの企画は、23日同じくパナマからラオネス農園のクルス氏が講演。
24日にはCOEのスピンドラー女史が登壇するという4回シリーズ。
競技会の国際審査員として活躍する許(ジョー)さんの優れた企画力に改めまして感謝いたします。(BKTc-N)

台中の欧舎珈琲も訪問しました----(続く)
2013.11.29 / Top↑
R0021567-ssize.jpg R0020926-ssize.jpg
R0021549-ssize.jpg R0021546-ssize.jpg
R0021561-ssize.jpg R0021554-ssize.jpg
R0021553-ssize.jpg参加者全員が4回焙煎します。4回どんなコーヒーをどんな焙煎度にするか、自分で決めたテーマに沿って豆を選び、すべて作業は参加者が行います。他人のふり見てわがふり直しつつ、次第にみなさんひとつのチームになります。
ステップアップセミナーは、入門、経営セミナー受講後の方が参加できます。(BKTc-N)
2013.09.08 / Top↑