FC2ブログ
2018年05月30日
第6回河合隼雄学芸賞が決定いたしました!
授賞作『ケルト再生の思想―ハロウィンからの生命循環』 
鶴岡 真弓(つるおか まゆみ)
〈選考委員〉岩宮恵子 中沢新一 山極寿一 鷲田清一(五十音順)
授賞理由□ケルトの季節の祭りを通して死と再生のこころの古層を明らかにし、人間のこころの歴史と未来の可能性について鋭い示唆を投げかけた。

ケルト 再生の-284x480

未知の新しい分野を開拓された鶴岡先生の努力が、着実に実を結んでいると感じます。
先生のフロンティアスピリットに共感し、応援してまいりました。
この本は、先生が当店スタッフひとりひとりにくだすった本で、一同思い出深く喜びもひとしおです。
できるだけ多くの人に読まれることを願っております。


2018.06.02 / Top↑
富山在住の能島先生より、横浜三溪園での展示のご案内がとどきました。
ゴールデンウイークに横浜散策はいかがですか。
美術鑑賞すると、コーヒーを飲みながら親しい友人と語らいたくなります。
能島先生の展示は、よく見るとお客様でにぎわうカフェの窓のようですね。

念のため、カフェバッハは5月4日金曜日は定休日ですが、それ以外は平常通り営業です。

f0229743_07241035.jpg
f0229743_07242354.jpg

朝日新聞 Around Tokyo 2018年4月20日 
■能島氏の絵画展@横浜
 ベルギーのフランドル絵画技法を独自に発展させ、カボチャの姿を借りた宇宙的作品で知られる能島芳史氏の展覧会が28日~5月7日、横浜市中区の国指定名勝「三渓園」の旧燈明寺本堂で開かれる。ベルギー王立の美術大学で学んだ能島氏の神秘的な作品が、15世紀の欧州ゴシック教会と同時期に建造された密教寺院の漆黒の空間に展示される。油絵130号相当の大作11点を展示予定。入園者は観覧無料。入園料は高校生以上700円、小中学生200円。
nojima20180405sanken.jpg

2018.04.21 / Top↑
新潟県南魚沼市の池田記念美術館にて4月1日(日)~5月6日(日)まで開催されております
FRIEND’S FRIEND 世界の現代版画のご案内です。
上野遒先生の作品も展示されております。

FRIENDS2018web01.png
http://www.ikedaart.jp/exhibition/friends-friend2018.html

開催期間: 2018年4月1日(日)~5月6日(日)
開館時間: 開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
     ※最終日は午後3時終了
休館日 :毎週水曜日
観覧料: 観覧料:一般500円(高校生以下無料)
    ※500円ですべての展覧会がご覧になれます

2018.04.15 / Top↑
11月21日(火)より、京橋「アートスペース キムラASK?」にて能島邦芳展が開かれます。

~15世紀フランドル絵画からの展開~
<輝ける闇の世界>
闇の中に光り輝く三枚の絵画は、スライドでも、まして蛍光塗料を使っているわけでもなく、純然たる油彩画なのです。そして、その画面は、油彩画史上最も古い15世紀フランドル画法で描かれています。その技法による絵画が、抜群の輝度と透明性を発揮して闇の中でも光り輝いて見えるのです。
この度、「アートスペース キムラASK?」の壁を黒い布で覆い尽くして、暗い闇の空間を作りあげ、スポットライトのみの照明で作品が光り輝き、画面の中に吸い込まれるかのような不思議な会場を現出いたします。どうか、輝ける闇の世界を体感して頂ければ幸いです。(ご案内状より)

能島芳史さんプロフィール
1948年 富山市生まれ
1971年 金沢美術工芸大学卒業
1977~1980年 ベルギー王立ゲント美術大学修復科にてフランドル技法を学ぶ
1993年 「アートは楽しい 夢と空想の風景展」(ハラミュージアムアーク/群馬)
2004年 企画展「ボッシュからの展開・能島芳史油彩画展」(中ノ沢美術館/群馬)
2009年 「第19回富嶽ビエンナーレ展」大賞受賞(静岡県立美術館/静岡)
2012年 「能島芳史・風蝕展」(樂水亭美術館展示室 蔵/富山)
2016年 シリーズ・ふるさとの群星「能島芳史展」(太閤山ランドふるさとギャラリー/富山)

会期
2017年11月21日(火)~12月2日(土)
※Open11:30~19:00 ※最終日16:00まで
11月23日(祝・木)開廊  11月26日(日)休廊

会場
アートスペース キムラ ASK?

IMG_20171105_0006-2.jpg
アートスペース キムラ ASK?地図

Y.M
2017.11.05 / Top↑
IMG_20171102_0001.jpg IMG_20171102_0002.jpg

カフェ・バッハの店内は、上野遒先生のギャラリーになっていることは
みなさんご存知だと思います。
かわいらしい猫や小鳥から魅惑的な女性まで、幅広いモチーフがお客様の
視線を集めています。

皆様お待ちかねの「上野遒展」のご案内です。
2017年11月6日(月)~11月18日(土)
東京都中央区銀座2-11-4 富善ビル1F
ギャルリーヴィヴァンです。
ぜひ、皆様足をお運びくださいませ
2017.11.02 / Top↑