DSC_0030.jpg
毎年バッハで音楽会を開いてくださっている吉田先生から、素晴らしいCDが届きました。
できるだけたくさんの方に聴いていただきたい演奏です。
カフェ・バッハでも、取り扱う予定です。
バッハのオルガン曲のお好きな方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。(スタッフ一同)


OVCL-00455.jpg バッハ:オルガン作品集 VOL.1
吉田恵(オルガン)
収録作品
小フーガ ト短調 BWV578
ああ神よ、天よりみそわなし BWV741
主イエス・キリストよ、われらを顧みて BWV 709
幻想曲とフーガ ト短調 BWV54
われ汝に別れを告げん BWV735
われ汝に別れを告げん BWV736
前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547
コラール・パルティータ BWV768
パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
[  日本におけるバッハのオルガン演奏の第一人者による、待望の初CDです。
吉田恵は、2004年から2010年まで12回のコンサートでバッハのオルガン作品全曲演奏をカザルスホールで行い、これは新バッハ全集としては日本人では初、しかも全会通してアーレントのバロックオルガンを使用したという画期的壮挙となりました。これは、その吉田恵が満を持して挑んだ録音です。
録音に選ばれたのは、オランダのフローニンゲンにある歴史的オルガン。バッハが存命中から敬愛していたオルガン製作者、アルプ・シュニットガーの手になるもので、一般的に「シュニットガー・オルガン」と呼ばれ、ヨーロッパでも至宝的存在となっている名品です。既存の楽器にシュニットガーとその一族が手を加えて完成させ、現代になってアーレントの手でバロックの様式に復元されました。その荘厳かつ朗々と鳴り渡る響きをご堪能ください。(収録:2011年8月21-22日 フローニンゲン、聖マルティン教会にて収録)  ]


DSC_0182.jpg DSC_0188.jpg
2010年にバッハの足跡を辿る旅をご一緒させていただきました。
途中縁のオルガンを弾いていただきながらの贅沢な旅でした。
もし、ヨーロッパの教会でオルガンを聴いたことがある方なら、そのときの厳かな気持ちが蘇ると思います。(店主)
2012.01.28 / Top↑
鈴木俊哉さんから、以下のメールをいただきました。


去年の10月に広島でやったコンサートの批評を、
広島私立大の哲学の先生が書いて下さいましたので、
リンクを貼ります。




コンサートのご案内です。
俊哉さん、今回は源博雅みたいです。
「 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 」
古い楽器と新しい音楽が、皆ここで別れ、そしてここで出会うと言うコンサートなのですねえ、なんて。(スタッフ一同)


鈴木俊哉リコーダーリサイタル「新しい古楽器」

2012年2月11日 (土) 15:00
会場:淀橋教会・小原記念チャペル

出演  鈴木俊哉(リコーダー)  吉村七重(箏・ニ十絃箏)  宮田まゆみ(笙)

[Program]
サルヴァトーレ・シャリーノ(1947-):風によって対蹠地から運ばれた手紙(2000/2005) [リコーダーソロ]
細川俊夫(1955-):待雪草(2009日本初演)[テナーリコーダー&箏]
徳永祟(1973-):委嘱新作(2012初演)[リコーダー&二十絃箏&笙]
ジョヴァンニ・バッサーノ(1558-1617?):リチェルカータ第1番[リコーダーソロ]
川上統(1979-):軍鶏(2010)[リコーダー&笙]
日野原秀彦(1964-):月湾抄(2005/2011)[笙&箏&リコーダー]

チケットのお申し込みは[click]
2012.01.22 / Top↑
河合楽器さんの機関誌「あんさんぶる」2012年1月号に店主のインタビューが掲載されました。
たいへん素晴らしい記事になりました。
増田様、坂元様、井上様ありがとうございました。(スタッフ一同)
sssIMG_0005_NEW.jpg
sssIMG_0002_NEW.jpg
2012.01.20 / Top↑
14日より、スタッフ一同元気にお客様をお迎えしております。
早速バレンタインの準備に忙しいのですが、寒い冬にチョコレートとコーヒーは素晴らしい組み合わせだと思います。



14日土曜日より営業いたします。
それまでは、各スタッフはそれぞれ英気を養っております。
スタッフ一同、14日にはまた元気な笑顔で皆様をお迎えする所存です。
(居残りスタッフN)

さて、スタッフSは四国にて湯治中です。
立ち仕事中心なので足腰をいたわって帰りたい、とのこと。
12-01-10_001.jpg
12-01-10_002.jpg

続いて店長より。「現在、気温は1度です。いつもより白鳥が少ないです。」
NEC_0255.jpg

スタッフAは帰郷中。十日恵比寿にお参りに。「当地は熊手でなくザルが主流です。焼きたての梅ケ枝餅は大変おいしいです。」
01__.jpg
_00_.jpg
2012.01.10 / Top↑
明けましておめでとうございます。

昨年も沢山のお客様がバッハに足を運んでくださいました。
沢山のご注文、ご支援賜り、誠にありがとうございました。
お客様からのあたたかいお言葉が、私達の元気の源です。
いつも、本当にありがとうございます。

これからもスタッフ一同、精一杯努力してまいります。
本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2012010123280000-1.jpg
カフェバッハスタッフ一同
2012.01.01 / Top↑