ブースナンバーは「2-19」です。
スペシャルティコーヒーに関心のある方、焙煎機に関心のある方、どうぞご来場をお待ちしております。(㈱バッハコーヒースタッフ一同)

logo.jpg

2-19ブース位置

2-19イメージ
2012.09.23 / Top↑
logo.jpg

どうか、SCAJ2012サイトのイベントに関して、いちセミナーずつ、よおく詳細をお読みください。必ず役立つ勉強ができるはずです。
招待者のみの講座でも、現場に行って問い合わせてみましょう。席にゆとりがあったら入れるかもしれません。また過去の展示会で知りあった関係者の顔を捜して、頼み込んでみましょう。なぜか?とんでもなく興味深い内容のセミナーが並んでいるからです。(トレーニングセンターN)

第1日目 9/26(水) 14時30分から
パナマ生産国セミナーの内容は次の通りです。
講演者のコイナー氏はパナマではカフェ・チェーン経営者でもあります。

産地としてのパナマ:ゲイシャや伝統的な品種のウォッシュト・ナチュラル精製と焙煎
コトワコーヒー・オーナー リカルド・コイナー氏 
セミナーのテーマ
1.パナマ:位置、地理、地形、生産地域の小気候、標高、気温
2.パナマにおけるコーヒー産業の歴史 1780年~2012年 
3.パナマコーヒーの受賞歴、国内品評会ベスト・オブ・パナマ 
4.品種:ゲイシャ、ティピカ、パカマラ、カトゥラ、カトゥアイ、サン・ラモン種などの生豆、焙煎豆 
5.精製:ウォッシュト、ハニー、ナチュラル、天日乾燥法と機械乾燥法
6.焙煎:品種、温度、時間、色
7.パナマコーヒー産業発展に関する研究
8.その他の関心事項


第2日目 9/27(木) 13時から
グアテマランズコーヒーズ/アナカフェのセミナーも大変興味深いテーマ。
講師のエドゥアルド・アンブロシオ氏は、アナカフェの顔といえるカッパーです。

グアテマラの「アンティグア」と「ウエウエテナンゴ」地域の詳細比較
Miguel Medina氏がグアテマラのコーヒーとAnacafeについて発表します。
続いて、Eduardo Ambrocio氏が、ウエウエテナンゴとアンティグア地域のコーヒーの、際立った特徴とカッピング・ノートを比較します。紹介するコーヒーの育つ気候および地理条件と、カップへの影響について説明します。試飲セッションでは、ブルボン、カトゥーラ、カチュアイ、ムンド・ノーヴォ等の様々な品種を取り上げます。
2012.09.23 / Top↑
logo.jpg
当店店主が今年来年と日本スペシャルティコーヒー協会の会長を拝命しております。
その協会の恒例展示会が 9月26日水曜日 から 28日金曜日 までの3日間、東京ビッグサイトで開催されます。平日の昼間なので、一般のお客様にはなかなかご案内できるものではありません。プロ同志の交流の場なのです。しかし、いろいろなコーヒー生産国がブース出展して、試飲もできるので、2年前に祭日が重なったときは、一般の来場者で賑わいました。
これを読まれている方の中にSCAJコーヒーマイスターの有資格者がおられたら、どうぞ下記のイベントが開催されますのでサイトを確認して、ぜひ参加してみてください。(トレーニングセンターN)


サイト中の SCAJイベント詳細 を読まれるようお勧めします。思わぬ掘り出し物セミナーが開催される予定です。
今年、下記①で行われる恒例のトライアンギュレーションテストは少し難しいものです。現場で講師の話をよく聞いて望んでほしいです。
②は、トレイニングの新委員長が、有資格者と一緒にテイスティング、ディスカションして作り上げていきます。「豆売り」現場に携わるマイスターにはとても役立つものになります。


① 9/26水 11時から
【コロンビアF.N.C.・ミーツ・コーヒーマイスターズ2012】
今年で4回目となるコーヒーマイスターのステージイベントは、コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)東京事務局開設50周年を記念して、FNCと共同で行います。コロンビアの気候変動、新品種カスティージョの地域別タイプの比較と試飲など、コロンビアの最新状況を皆様にお伝えします。また、世界遺産として登録された「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」についても紹介します。マイスター有資格者の皆様および一般参加の皆様とコロンビアのコーヒーの「今」を楽しんで参りましょう。


② 9/27木 10時30分から
【コーヒーテイスティングパーティ 2012】
SCAJ トレイニング委員会、 菅野眞博委員長を迎えて、マイスター有資格者向けの コーヒーの風味表現や生産地の様子を学ぶワークショップです。消費者にコーヒーの風味や美味しさ、そして楽しさを伝えるための方法を、農園、品種、生産処理方法の異なるコーヒー(コロンビア ティピカ、エチオピア モカ・イルガチェフェ、インドネシア マンデリン)をテイスティングし、皆様で意見交換をしながら学習し、風味表現を豊かにしていきましょう。


セミナーの申込はSCAJ2012のサイトからお願いします。

2012.09.23 / Top↑
今年もシュトレン用のフルーツの漬け込みが始まりました。
2種類のレーズンを、しっかりハンドピックするところから始まります。

NEC_0417.jpg

シュトレンは、クリスマス前のアドヴェントに食べるお菓子。
大きいなまこ型を、少しずつカットして食べながら、
クリスマスを迎えます。

フルーツ(サルタナレーズン、カリフォルニアレーズン、シトロンピール、
オレンジピール、セドラ)を、この時期からお酒(VSOブランデー、ハバナクラブ7年、
グランマルニエ)に漬け込むことによって、保存料を入れなくても、保存が効くようになります。
そして、リューベッカーのローマッセも贅沢に使用しています。

なんともいえない豊かな風味、
パウンドケーキともパンとも違う、口溶けの良さ・・・
今年は、どんなシュトレンが出来るか待ち遠しいですね!

2012.09.20 / Top↑
当店の専属オルガニスト(---でいいですよねえ、恵センセ)
吉田 恵 先生のコンサートをご紹介いたします。
当店の小さなコンサートで吉田先生をご存知の皆さま、どうか芸術の秋の開幕をオルガンと声楽でスタートするのはいかがでしょう。  (バッハ・コーヒーマイスターズ)


永遠なる祈りの旅
日時:2012年9月28日(金)  19:00開演(18:30開場)
会場:日本聖公会 聖パウロ教会  目黒区五本木2-20-1(東急東横線祐天寺駅より徒歩5分)
チケット取扱:東京文化会館チケットサービス(TEL:03-5685-0650)/ サンパウロ(TEL:03-3357-8642)
ご予約お問合わせ:3F・音楽室(TEL&FAX:042-472-6404 mail:ongacst-3f@r6.dion.ne.jp)/ 吉田(TEL:042-234-2188)

ssIMG_0001_NEW.jpg
ssIMG_0002_NEW.jpg
2012.09.17 / Top↑