新しい本を読まれた方から、さっそく質問が届きました。

「お店で使っている食器拭きあげようのフキンは、どういうものですか」

後ろのページのリストには、問い合わせ先が載っていませんでしたので、ここで補足させていただきます。
下記のサイトをご覧ください。
ちょっと古臭いと思われるかもしれませんが、衛生管理がしやすいですし、縁取りの色で用途別に分けて使ったりできます。本の中に登場する「整理整頓」術の考えにも合致すると思います。
実は「秘密」が書かれた本というのは、言い過ぎで自分たち店にとって、またお客様にとって大切にしたい「ひと・こと・もの」が語られております。
下記のサイト情報を見ていくと、このフキン「パナマ織を採用」なんだそうです。なんだかご縁を感じてしまいますね。(バッハコーヒーマイスターズ)

nittobonofukin.jpg
http://www.nittobo.co.jp/business/textile/fukin/index.html
2013.03.30 / Top↑
新しい本のご案内です。
タイトルは、プロや開業希望の方向きととられそうですが、実は、お客様がお店で見かける食器、抽出器具、さまざまな道具----すべていろいろな理由があって店主が考えに考えて選んだものばかりです。
バッハではどうして「あれ」を使っているんだろう?いったい誰が選んだのだろう?
そんな風に感じたことはありませんか。
そんな道具選びの「秘密」がわかっていただけると思います。
選んで楽しみ、使って楽しみ、お客様と語り合い、分かち合って楽しみ。そんな話題をいっぱい詰め込みました。
おうちでコーヒーを楽しむ方にも、きっと何か役立つことがあると思います。
どうか、タイトルにとらわれず、手に取っていただければ幸いです。
そうそう、バッハコーヒーマイスターズがモデルとして出演しています。お楽しみに。
写真は、パンフレットの撮影をしてくださった田中慶さんです。独特な陰影の慶タッチも一緒にお楽しみください。(バッハコーヒーマイスターズ一同)

cafetext-hyoshi.jpg cafetext-coler.jpg
カフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくるカフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくる
(2013/03)
田口 護

商品詳細を見る
2013.03.27 / Top↑
2013032513300000.jpgフランクフルタークランツ始めました。
バタークリームが苦手な方、ぜひ一度当店で、お勧めのコーヒーと合わせて食べてみてください。
ドイツはコーヒーの国です。きっと新しい発見があると思います。

2013032513310000.jpgクランツは、王冠とも花輪とも紹介されています。
表面のクロカンもほどよい香ばしさと食感です。
こうしてみると、レーマー広場の木組みの家みたいにも見えますね。

roemer.jpg
よろしくお願いします。(製菓部一同)
2013.03.25 / Top↑
昨年に引き続き、下記のテーマを追求しています。
俊哉さんは、「古楽運動」を継続している、という風に感じます。
ヨーロッパの奏者たちによって興された運動ですが、先日のルッツさんのようなサステナブルな進め方をする人もいれば、俊哉さんのような例もあり、多様な展開を楽しめます。過去のコンサートを聴いた経験では、現代の音楽ですが、想像するよりも、美しく、楽しく、そして激しい、と思います。何より、小学校で習うリコーダーの「プロフェッショナル」の演奏を聴けるはずです。(店主)

---------------------------
新しい古楽器 リコーダー・箏・笙 
---------------------------
2013年 3月 30日(土) 15:00 開演 (14:30 開場)

西洋の古楽器リコーダーと大陸から伝わった日本の伝統楽器、箏と笙によるコンサートです。
異なる歴史を持ち、「近代化されていない」という共通点を持つ3つの古楽器で新しい世界を創り出していきます。

リコーダー  : 鈴木俊哉
二十絃箏 : 吉村七重
笙     : 宮田まゆみ
淀橋教会・小原記念チャペル  東京都新宿区百人町 1-17-8                
JR総武線 大久保駅下車 徒歩1分、JR山手線 新大久保駅下車 徒歩3分

20130113020926326.jpg2013011302075589e.jpg


2013.03.12 / Top↑
この度、『料理通信4月号』の「絶対作れる!挑戦レシピ」のコーナーに、
皆様ご存知の「ブランマンジェ&コーヒーゼリー」が掲載されました。

毎年、沢山ご予約いただく季節限定のグラスデザート。

ぜひ、皆さんもレシピを見て作ってみてはいかがですか?

料理通信 2013年 04月号 [雑誌]料理通信 2013年 04月号 [雑誌]
(2013/03/06)
不明

商品詳細を見る
2013.03.10 / Top↑