店主が会長を務めます日本スペシャルティコーヒー協会の年次展示会が25日から27日まで東京ビッグサイトで開催されます。会場は 西4ホール です。
マイスター焙煎機のために7年連続でブースをだします。ブース №2-12 です。

NEC_0579.jpg

残念ながら、焙煎機を稼働させることはできませんが、実際の機械を見て触って飲んで、設計した人、使っている人にいろいろ質問してください。大概ブース近くに実際のユーザさんがいるのです。つまり開業の先輩にもあたる人です。

興味がわいたら、ぜひセミナーを受講してみてください。

焙煎機は、お店の将来を左右する重要な機械ですが、大変高価なため簡単に取り換えがきくものではありません。多くの自家焙煎店が予備機なしで営業しています。そして機械だけあっても何もできません。操作方法から焙煎技術の習得も必要になります。自分で実際に焙煎できるようになって、どんな味風味のコーヒーをお客様に提供したいかを考えます。
セミナーに参加してコーヒー自家焙煎店経営の概要をしっかりと知り、技術と味覚を磨き、それからじっくり機械について検討していただければ幸いです。
もし、まだ下記の参考図書をお読みでない場合は、ぜひご一読をお勧めします。
(バッハコーヒートレーニングセンター記)

カフェを100年、続けるためにカフェを100年、続けるために
(2010/12)
田口 護



カフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくるカフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくる
(2013/03)
田口 護

2013.09.23 / Top↑
恒例のSCAJ2013ですが、今年コーヒーマイスター有資格者の方には大変な「目玉」がございます。
9月26日(木)午後12時30分から、コーヒーマイスター向セミナーが開催されます。今回の講師は「世界一のサービスマン」宮崎辰氏が登場します。
NHKがプロフェッショナルで取り上げた「あの人」です。
受講生も全員コーヒーサービスのプロフェッショナル、マイスターですから、宮崎氏も専門的な話題までお話しやすいでしょう。
1回のランチでも3万円くらいかかる3星レストラン、1杯500円のコーヒー店の何が違うのでしょう?学べることはないのでしょうか?聞きなれない「メートルドテル」のお仕事の実態から、選手権優勝までじっくりとお話を伺います。名刺交換するだけで、わくわくものです。コーヒーマイスターの人たちがうらやましい。(BKTc-N)
詳しい経歴は、クリックしてご覧ください。



世界一のおもてなし (中経出版)世界一のおもてなし (中経出版)
(2013/05/30)
宮崎 辰

  

世界一のメートル・ドテルだけが知っている、好感を持たれる60のコツ世界一のメートル・ドテルだけが知っている、好感を持たれる60のコツ
(2013/04/02)
宮崎 辰

2013.09.20 / Top↑
SCAJ2013の展示会も来週に迫ってまいりました。
いよいよ、スペシャルティコーヒーの季節が到来です。
当店も、いつものようにマイスター焙煎機を展示してみなさまを歓迎できるよう準備中です。
新人教育のスタートです。
日頃お店でお客様にサービスしております新人ですが、総店長がていねいに指導します。
先輩から後輩へ、教えたことがそのままお客様へ伝わるよう、さながらカウンターで大切なお客様にサービスしているときのようです。もちろん、スタッフですから少し厳しく。
P1000241.jpg P1000242.jpg
お客様にコーヒーのひと時を楽しんでいただくためにスタッフ一丸となって頑張ります。Mm
2013.09.19 / Top↑
R0021567-ssize.jpg R0020926-ssize.jpg
R0021549-ssize.jpg R0021546-ssize.jpg
R0021561-ssize.jpg R0021554-ssize.jpg
R0021553-ssize.jpg参加者全員が4回焙煎します。4回どんなコーヒーをどんな焙煎度にするか、自分で決めたテーマに沿って豆を選び、すべて作業は参加者が行います。他人のふり見てわがふり直しつつ、次第にみなさんひとつのチームになります。
ステップアップセミナーは、入門、経営セミナー受講後の方が参加できます。(BKTc-N)
2013.09.08 / Top↑
13-09-03_003.jpg 田子の稲穂は垂れ黄金色にかわりつつあります。(Huehue)

130903_113642.jpg 海、山、砂浜、雲!!太平洋側は好天に恵まれました。(So-ten)

SN3Q0017.jpg こちらは大雨です。でも気温は低くて良い感じです。住宅街の壁の看板は東京では見かけない文句でした。さすが京都です。(English)

2013.09.03 / Top↑