昨年に引き続き、下記のテーマを追求しています。
俊哉さんは、「古楽運動」を継続している、という風に感じます。
ヨーロッパの奏者たちによって興された運動ですが、先日のルッツさんのようなサステナブルな進め方をする人もいれば、俊哉さんのような例もあり、多様な展開を楽しめます。過去のコンサートを聴いた経験では、現代の音楽ですが、想像するよりも、美しく、楽しく、そして激しい、と思います。何より、小学校で習うリコーダーの「プロフェッショナル」の演奏を聴けるはずです。(店主)

---------------------------
新しい古楽器 リコーダー・箏・笙 
---------------------------
2013年 3月 30日(土) 15:00 開演 (14:30 開場)

西洋の古楽器リコーダーと大陸から伝わった日本の伝統楽器、箏と笙によるコンサートです。
異なる歴史を持ち、「近代化されていない」という共通点を持つ3つの古楽器で新しい世界を創り出していきます。

リコーダー  : 鈴木俊哉
二十絃箏 : 吉村七重
笙     : 宮田まゆみ
淀橋教会・小原記念チャペル  東京都新宿区百人町 1-17-8                
JR総武線 大久保駅下車 徒歩1分、JR山手線 新大久保駅下車 徒歩3分

20130113020926326.jpg2013011302075589e.jpg


2013.03.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://cafebach1986.blog134.fc2.com/tb.php/210-f356f271