入門1日コースか経営2日間コースを終えた方が、実習中心に踏み込む「ステップアップ」2日間コースが終わりました。継続受講してくださる方が増えて大変喜んでおります。

焙煎の実際を学んでいただくのですが、「珈琲大全」をテキストに想定して読み込んできてくださる方が多いので、これまたうれしい限りです。
写真は、今回の実習で受講生の方が、自主的に採取したサンプルです。
いつも、デモ焙煎で「珈琲大全」の109ページの表の中の「A-B-C-D」のポイントを示すようにしております。
この章は、雑誌連載初出のころから、焙煎経験者には喜ばれ、未経験者には難しいといわれたところです。
受講生の方々が積極的に、サンプルをとられて、さっと分類して質問してきました。
熱心な受講生が増えて、楽しいです。
一層ていねいに、教えられるよう、努力いたします。(BKTc-N)

mande-elsal-abc -cap


2013.04.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://cafebach1986.blog134.fc2.com/tb.php/215-13c4d552