昨年2月、ルッツ先生のコンサートを聴いてくださった古い古い常連さんたちから「楽しそうなので、ぜひ来年はぼくらに音楽会を!!」と手が上がりました。
よくよく訊けば30年前信州大学の学生さんたちが組織したアマチュアのアンサンブルとのこと。当店のマスター、ママさんが当時長野市にあった「ゆがんだ真珠」というカフェを介して知己を得ました。
以来細く長くお付き合いは続き、メンバーは会社勤めをされてからも、当店のコーヒーと音楽は毎日欠かさず今日に至りました。仕事をして、時間を作って練習して、「ぜひバッハの人たちに聴いてほしい」という気持ちがこもった音楽に感動しました。同じように、わたしどものコーヒーも楽しんでくださっていることが、ひしひしと伝わってきました。
「アノニマス・アンサンブル」というグループ名は、「作曲者不詳」の意味から。バロック音楽以前は、何かの理由で作曲者がわからないけれど素晴らしい曲がたくさん残っています。著作権の主張が始まる以前の(と同時に現代ではとうに著作権は切れています)、みなで共有する音楽を楽しもう、というグループです。
カフェ・バッハと、わたしどもが作ったコーヒーを大切にしてくださるメンバーのみなさんに感謝!!
30年間お付き合いを絶やさず続けてきてくださったマスター、ママさんに感謝!!
わたしたちも30年続くカフェを作りたい、でも同時に30年間色あせない趣味ももちたい、と思いました。
カフェ・バッハ・スタッフ一同

2014-02-07-01.jpg 2014-02-07-02.jpg 2014-02-07-03.jpg
2014-02-07-04.jpg 2014-02-07-06.jpg 2014-02-07-05.jpg
2014-02-07-07.jpg
2014.02.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://cafebach1986.blog134.fc2.com/tb.php/281-c9052e61