いよいよ『シュトレン』が焼きあがりました

本場リューベックのローマジパンと数種類のスパイスを練りこみ、
数か月漬け込んだドライフルーツをたっぷり入れた、カフェ・バッハの『シュトレン』
フルーツと生地の割合、スパイス加減は長年の経験を活かして今年もバッチリです

じっくり焼き上げた『シュトレン』に、たっぷりバターをしみこませます。
山の部分を塗ったら、そっとひっくり返して裏にも・・・。
NEC_0820.jpg

そして先輩が、隣で新雪を用意!
二人のタイミングを合わせて、『シュトレン』をたっぷりのバニラシュガーの中に
閉じ込めます。(このタイミングがズレるとバターが乾いてシュガーがなじみません!)
NEC_0818.jpg
一晩、バニラシュガーの中で寝かせたら、1本1本丁寧に包みます。

さっそく試食を頂きました!
一年ぶりの『シュトレン』
「おいしい!!」
風味、口どけ最高です!コーヒーとよく合います!
変えずに受け継がれていく部分がありながら、今年も進化していきます・・・。

『シュトレン』は夕方焼きますので、店内にこの季節限定の香りが漂います♪



2014.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://cafebach1986.blog134.fc2.com/tb.php/328-53047ac2