img026-1.jpg
2016年5月27日㈮
日本福音ルーテル東京教会で家喜美子さんの
チェンバロリサイタルが開かれます!
コンサートホールでは味わえない教会ならではの響きです。

なんといっても、演奏家さんとの距離が近いので
チェンバロの繊細な音色がそのまま響いてきます。
なかなか普段でしたら目にすることのできない美しいチェンバロを
近くで見せていただけたり、家喜さんの表情や息づかいまで聞こえてくるような
繊細さの中に迫力もあるリサイタルです。
ぜひ、みなさん素晴らしい響きに聴き惚れてください

家喜美子さんプロフィール
アムステルダム・スウェーリンク音楽院にてチェンバロを
グスタフ・レオンハルトに師事。
1981年、チェンバロ科をソリスト・ディプロマを得て卒業。
またオルガンをバロック奏法並びに即興演奏で高名な
クラース・ボルトに師事。
1982年東京でのデビューリサイタル以来、ヨーロッパを中心に活動。
日本でも毎年リサイタルを行う。
90年代に入り、チェンバロ製作家とともに、オリジナル楽器の響きの減衰カーブと
それに沿った当時の作曲、演奏法、およびリュート奏法のチェンバロへの影響等の
研究開始。
2004年及び2008年エディンバラ・フェスティバルにて、世界的に重要な
ラッセル・コレクションのオリジナル楽器使用でのリサイタルは高い評価を得る。
2016.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://cafebach1986.blog134.fc2.com/tb.php/387-a6da5ce9