天井や壁の改修が終わり、壁の絵も入れ替え、気分一新いたしました。
ショーケースの中の季節もかわります。
2011091212260000.jpg
まずは試作試食です。
栗のクリームから中のホイップまでが一体感があり、優しい口解けです。
2011091212270000.jpg
よく火がとおって----自家焙煎コーヒー屋ですから「火をとおす」のにはいささか自信が----サクサクのメレンゲと好相性。
「おかわりしたくなります。替玉お願いします」「だめです、お客様が待ってますから。」「メレンゲだけでも」「余分は作ってません」「絞り袋の中のクリームだけでも」「上にのせる栗も数は勘定してありますからね----仕方ありません。もう一品どうぞ」
2011091212440000.jpg
暑い夏の終わりを告げる「サプライズ」。シュー生地にパイ生地が重なって、これまたよく「火をとおす」----パンも焼いてますからいささか自信が----程よい噛みごたえ。2種の生地には、2種のクリームを詰めます。程よく柔らかめのディプロマットは、生クリームとカスタードクリームをあわせたもの。
2011091212440001.jpg
「替玉お願いします」「だめです、お客様が待ってますから。」「生地だけでも」「余分はありませんけど、見るだけならいいですよ」「見るだけなんて!?」「シュー生地を四角いパイ生地の四隅で包むようにして焼くので、キャベツというより蓮の花が開くみたいなんです」
(試作する人=製菓部スタッフ一同)(試食する人=BKTC-N)
2011.09.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://cafebach1986.blog134.fc2.com/tb.php/81-7cfc3b01